前へ
次へ

鍼灸治療を行うための、鍼灸師になる資格内容

鍼灸治療を行うための、鍼灸師になるためには、国家試験を受けて資格を取る必要性があります。鍼灸治療には、鍼と灸に分かれており、別々な資格として存在します。そのため、鍼灸師として治療を行うには、2つの国家試験に受かる必要性があるのです。資格を取得するためには、3年制もしくは4年制の養成学校を卒業している条件を満たさなければ、試験を受ける資格がありません。鍼灸治療における鍼の分野においては、鍼理論や経絡経穴などの知識が求められます。灸の分野においては、衛生学、灸理論などが求められるのです。鍼灸治療での、共通する分野は、片方受ければ、共通分野だけ免除されます。視覚障害者の方が、資格を取得して仕事に就く傾向もあり、試験会場が異なる場合もあるのです。合格率は、第1回目が88%と最も高く、近年に至っては、57%と最も低い傾向になっています。しっかりと勉強すれば、国家資格の取得も夢ではなく、頑張り次第で取得しやすい国家資格でもあるでしょう。

Page Top