前へ
次へ

鍼灸治療にこだわる医院を選ぶ

灸は、皮膚表面を温める治療法ですから、用いる機器により軽い火傷を生じる可能性が少なからずあります。ですが、施術前には必ず説明をしてくれますし、患者さんからも合意を得なければ無理やり施術を行いません。施術中に熱いと感じたのなら我慢することなく、声に出して伝えましょう。灸をすえる時間配分も短くしてくれます。鍼灸治療では、鍼治療が主軸となっています。髪の毛ほどの細さの鍼は、完全滅菌済みの使い捨て鍼を使用している、そうした治療院を選びましょう。オーダーメイド治療を謳う場合には、ステンレス製鍼を使用したり、アレルギー性皮膚疾患に対応できる材質を取り揃えていますし、鍼の長さ、太さなども臨機応変に変更できるだけの種類を取り揃えています。例えば、太さも0.14~0.20mm、長さも約5cmなど、こだわり派のはり師も少なくありません。痛みに敏感な女性や小児、高齢者目線でオーダーしている鍼の先もスムーズに入るように、専用管を使って入れる方法です。脂肪の少ない部位では多少の痛みがあるものの、子どもも治療できる鍼灸治療である評価がついているところならば、安心ではないでしょうか。

Page Top